HOME   人の命   個人

 

世界(The world)

 

1 .輸送技術や通信技術が発達して世界は狭くなった。世界で人が幸福に生きるためには世界のすべての人々の協力が必要である。国際連合の考えはすでに古い。国際連合に代わる新しい世界機構が必要である。そのためには国際法ではなく世界法が考えられなければならない。世界法のもとで世界政治(中央政治)が行われるべきである。現在認められている戦争をする国の権利は、人々が平和に生活するために非常に危険である。このような権利は否定されるべきである。代わりに世界法のもとで設立された世界政府が世界平和を維持する機能をもつべきである。

 

The world has become narrow since the technologies of transportations and communications have been developed.  Cooperation from all the people in the world is necessary for them to live in peace in the world.  The idea of United Nations is already old.  How to govern the world must be considered.  So the world law must be considered.  The world must be governed according to the world law.  The national right to make war, admitted at present, is very dangerous for the people to live in peace in their nations.  This right must be denied.  In stead, the world government established according to the world law must have the function to keep the world in peace.  2003.1.20.

 

2. 考え方が異なるため国々を統一することは非常にむずかしい。しかし私達はすべての国に共通する考えを探し、その考えを基礎として統一することを考えなければならない。共通する考えの中で一番重要な考えは命は大切という考えである。したがってもし世界法が世界のすべての人々に命を保障するものであれば国々を統一することができるかもしれない。社会システムについては、国によって多くの異なった意見がある。これは当然のことで、国ごとに生きやすさに関する経験と知識が異なるからである。国における社会システムの違いについては世界法において配慮がなされるべきである。国の自治権は世界法のもとで保障されるべきである。しかし少なくとも(1)戦争をする国の権利は否定されるべきである。また(2)富める国の富の一部は貧乏な国の人々の命を保障するため貧乏な国の開発に使われるべきである。この二点が世界法において最も重要な点である。世界が統一され国と国の間で知識の交換が進めばやがてよい社会システムは世界に普及する。時間がたっても残る違いは国の特徴というべきで別に命に危険がなければ許容されるべきである。

 

It is very difficult to unite various countries into one because the thinking ways are different.  But we have to search for common thoughts and think to unite them based on the common thoughts.  Among the common thoughts the idea that life is important is the most important one.  Therefore, if the world law secures life to everyone in the world, there is possibility to unite countries into one world.  As for social systems there are many different opinions because they have their own experience and knowledge in which they can easily live.  So  the differences of the social systems in countries must be paid attention.  The right of self-government of the countries must be secured under the world law.  But (1) at least the national right to make war must be denied.  (2) Part of the riches of rich countries must be used to develop poor countries in order to secure the life of the poor countries.  These two are the most important points in the world law.  According to the progress of exchange of knowledge among the countries, the social systems will become similar, and the different points that last long will be harmless characteristics of the countries and be admitted.  2003.1.23.

 

3. 現在特に強い軍備を持った国がある。もしある国がその強い国に反対するとすぐ強い国は反対した国を攻撃し、多くの人を殺し、大きな被害を与える。しかし強い国の人々に平安は来ない。強い国に反対する憎しみをもった人々が地下組織を作り、テロをもって強い国の人々を攻撃するからである。強い軍備をもっていても、テロ組織は容易に発見できないし、破壊し尽くすこともできない。テロ組織は次から次へと生まれる。こうしてテロ組織は存在し続ける。強い国の人々はいつでもどこでもテロを恐れる。つまり世界に特に強い国があっても世界に平和をもたらすことはできない。世界平和を実現する唯一の方法は世界法に基づく世界政治を実現することである。世界法のもとで差別なく世界のすべての人々の命を重視する。現在のように強い国の人々の命だけが重視されるというのでは不公平であり、軽視された人々が強い国とその人々を憎むのは当然のことである。

 

There is a country that has outstandingly strong armaments.  If one country opposes the strong country, the latter attacks the former as soon as possible and gives large damages to the former so that the former cannot stand by itself.  But peace doesnt come to the strong country.  The individuals opposing the strong country make groups and do acts of terrorism against the people of the strong country.  The strong armaments are not useful in destroying the groups because they are underground organizations and cannot be easily found.  The targets to be attacked cannot be found.  The people in the strong country are always afraid of the attacks from the terrorists of the groups.  The outstandingly strong country is not useful in bringing peace to the world.  In stead, only the world government established on the world law can make peace on the world.  Under the world law everyones life must be attached importance impartially.  It is not fair that only the lives of the people in the strong country are made much of.  2003.1.24.

 

4. 現在国家主義が世界に蔓延している。最高責任者は平然と国益を優先するという。人々は自分の国を強くして幸福に生活することを欲している。しかし貧乏人と金持ちが共存する社会が、貧乏人と金持ちの間で争いが絶えず平安でないように貧乏な国と富める国が共存する世界は、貧乏な国と富める国の間で争いが絶えず平安でない。国家主義では国の平安はもとより世界の平安も実現できない。世界法では強い国と弱い国を普通の国にすることを重視するべきである。こうすることによって世界を平和にすることができる。現在強い国の人々は富んでいることを誇る。しかし、他の国に貧乏な人々がいることを恥ずべきである。富を独占することによって世界平和の実現に失敗していることを知るべきである。貧乏な国は難民を生む。難民は強い国に流れ込む。難民と強い国の人々との間に争いがおこる。そして強い国は暗い社会になる。自分のことだけ考えていてはいけない。強い国は情報、知識、技術、もの、資金などを世界法のもと世界政府(中央政府)を通して貧乏な国に回すべきである。格差が例えば2倍以内になる程度に富は平準化されるべきである。

 

At present nationalism is prevailing around the world.  People want to live in happy by strengthening their own country.  But as the society in which the poor and the rich coexist is not peaceful because there are always quarrels between the poor and the rich, the world in which the strong countries and the weak coexist is not peaceful because there are always disputes between the weak and the strong.  Nationalism cannot realize the peace of the world as well as of the countries.  The world law that normalizes the strong and the weak to ordinary countries is necessary to make the world peaceful.  The peoples of the strong countries are proud of their riches but should be shameful that there are the poor peoples in the other countries.  They should know they have failed in making the world peaceful, by monopolizing the riches.  The weak countries bear displaced persons, they float into the strong, the quarrels happen between them and the people in the strong, and the societies become dark.  Dont be selfish.  It is very important for the strong to give information, intelligence, technologies, things and money to the weak through the world government under the world law.  Riches must be leveled.

 

5. 現在多くの領土紛争がある。当事国は争い、争いはいつまでも解決しない。黒白決着がつくことを恐れ、国連の国際司法裁判所に提訴することを嫌う。また国際司法裁判所の判断は安全保障理事会の常任理事国のような強い国の影響を受けるのではないかと心配する。それゆえ世界法のもとで世界裁判所が設立されるべきである。もし世界のすべての人の命が世界法で保障されることになれば領土紛争はより軽い問題になり、解決が比較的容易になる可能性がある。

 

At present there are many territorial disputes.  The countries concerned dispute and the disputes are not solved.  They dont like to bring the cases before the International Court of Justice because they are afraid of losing their cases.  The International Court of Justice may not be fair, influenced by the strong countries such as the permanent members of the Security Council of the UN.  Therefore the world court of justice must be established under the world law.  If the lives of all the people in the world are secured by the world law, territorial disputes become lighter problems and are solved relatively easily.  2003.1.29

 

6. 世界統一のためにはまずは世界統一の重要性を認識し、世界の一員として行動する人が世界中に増えることが大切である。機が熟したら、現実的な一手順として国連総会が世界法を作成する委員会を設けることを決定する。各国は自国から世界法に関心がある有識者を委員として指名する。委員会は世界法案を議論し作成する。国連総会は案を検討し、世界法を決定する。各国は世界法を批准する。例えば国連に加盟している国の1/3が批准したら批准した国の間で世界会議を組織する。世界会議は世界政府(中央政府)を設ける。世界政府は世界裁判所を設ける。そして批准した国は国連を脱退する。批准が遅れている国は批准した時点で新しい世界(新世界)に入る。新世界は批准しない国を不当に差別してはならない。世界法をもって交流し、新世界に入るように誘導する。別の手順として国連とは別に、新世界に関心のある国々が世界法を考える世界会議を設けることから始める方法もある。何年たっても何十年たってもよい。新世界に向かって誰かが動き出すことが重要である。

 

As the method to establish the new world the UN General Assembly may decide to set a committee to make the world law.  As the members of the committee one of the most knowledgeable persons in the field of international laws may be selected by each country.  Then the committee discusses the contents of the world law and set up a draft.  The General Assembly discusses the draft and decides the world law.  The world law must be discussed by each country and ratified.  Among the countries that ratified the world law the world assembly may be organized, then the world assembly may organize the world government, and then the world government may organize the world court of justice, and the countries withdraw the UN.  Countries that are late in ratifying the world law may enter the new world at that time when they ratify the world law.  The world government must not treat unfairly the countries that have not yet ratified the world law.  They must be treated according to the world law even though they are not yet the members of the new world.  2003.1.29

 

7. 世界言語は非常に重要である。現在実質的に世界言語として使われているものを世界言語とすることでよい。つまり英語でよい。アメリカなどに贔屓したと考えてはならない。実用性を重視するべきである。各国は自国の国語を第一言語とするが、世界言語を世界言語として教える。世界のすべての人は世界言語も使えるようになるべきである。世界政府(中央政府)は世界言語を世界言語として改善していく努力をすべきである。アメリカなどで英語がどのように変化していくかは世界言語の改善に直接関係ない。

 

The world language is very important.  We think the language that is substantially used as the world language now may be the world language.  It may be English.  Each country may use its own language as the first language but it must teach the world language as the world language, and everybody in the world should be able to use the world language.  The world government must endeavor to refresh the world language as the world language, even though English in England, USA and the other countries where English is used changes in their own ways.  2003.1.29

 

8. 世界統一が重要と考える人が増えることが非常に重要である。出来るだけ多くの人々が世界法、世界会議、世界政府、世界裁判所について考えることが望ましい。国家主義が蔓延している現在でも私達は世界の一員であるとの考えをもって生きることが重要である。国家主義の流れの中に自分の身を置いてはいけない。その流れの外に出るべきである。どうすれば世界平和を実現できるかと考えるべきである。自分は新世界の一員と考え、新世界を作る最初の人となるべきである。

 

It is very important that persons who think the unification of the countries in politics is necessary increase.  They may discuss on the world law, assembly, government and court.  Even at present, when nationalism is prevailing, it is important for us to live with the idea that we are members of the world.  Dont put yourselves in the flow of nationalism but go outside of the flow, and discuss on the way of bringing about peace to the world.  You should be the first person to begin producing the new world by thinking you are the member of the new world.  2003.1.30

 

9. 世界が統一された後も世界法で認められていない武装集団や武装した個人がいるだろう。したがって世界政府はこれらの武装集団や武装した個人の武装解除を行える強い力をもった世界警察をもたなければならない。

 

Even after the world is united, there may be armed groups and persons that are not permitted by the world law.  Therefore the world government must have strong police enough to be able to disarm the groups and the persons.  2003.2.7

 

10. 新世界においては世界通貨が必要である。世界言語と比較して世界通貨を新設することはそれほどむずかしくない。世界市場の初期の段階では国によって経済力が異なり、異常なものの流れ、資本の流れ、人の流れ、生産地シフトなどが起こり、経済的混乱が起こる国があるかもしれない。国政府、つまり地方政府は混乱を大きくしないため、変化を制御しなければならない。しかし過度の保護主義に走ってはならない。世界政府、つまり中央政府は各国の状況を見張っていて、もし貧しすぎる国があったらその国を普通にする対策を講じなければならない。

 

The world market unification is very important.  The world currency is necessary.  Differently from the world language we can newly make the world currency.  It is not so difficult to make the world currency.  In the early stage of the world market, prices are different in various countries and products may flow to the countries where the products are sold at higher prices.  Economical disorders may be observed in various countries.  Country governments, that is, local governments must control the flows of their products in order to keep their markets in order, but not be too protective for their markets.  The world government, that is, the central government must watch the situations of countries and, if there are too poor countries, it must take measures to make them richer.  2003.2.7

 

11. アメリカ政府は、その非常に強い武力をもって他の政府を制圧することができるかもしれない。大名徳川が他の大名を制圧して日本を統一したように世界を統一することができるかもしれない。しかし徳川の政治が人々を満足させなかったようにアメリカの政治は世界の人々を満足させないであろう。人々はアメリカ政府を非難しつづけるであろう。やがて徳川が制圧力を失ったとき、不満をもつ人々が立ち上がって徳川幕府を滅ぼし、明治政府を作ったように、やがてアメリカ政府は制圧力を失い、不満をもつ世界の人々が立ち上がってアメリカ政府を滅ぼし、世界政府を作るかもしれない。100年単位の時が必要かもしれない。しかし遠い未来のことと考えてはいけない。今から私達は世界政府を作ることを考えておかなければならない。

 

American Regime may gain mastery over the other countries regimes by its very strong military power.  As Tokugawa, a daimyo, that is, a feudal lord, in Japan gained mastery over the other daimyos and unified Japan, American Regime may be able to unify the world.  But as Tokugawas administration could not satisfy the people, American Regime may be unable to satisfy the people of the world.  As when Tokugawa lost its control over the other daimyos, the dissatisfied people stood and destroyed Tokugawa and established Meiji Regime, when American Regime loses its control over the other countries regimes, the dissatisfied people in the world may stood and destroy American Regime and establish the new World Government.  It may take a time of 100 years.  But we should not consider it will be far in future.  We should begin to consider from now on to establish the World Government.

 

12.  国連安保理常任理事国とその拒否権

 

自由主義という思想から常任理事国とその拒否権という考えを導き出すことはできるが、民主主義という思想から導き出すことは不可能である。

 

常任理事国とは、常任理事国が悪い国であっても常任である。これは安保理にとってよくないことである。安保理のメンバーは、総会が民主的に選んでこそ民主主義である。

 

また拒否権は大国主義である。この拒否権によって、小国はもとより、ほかの大国の考えもしばしば否定される。したがって民主主義ではない。

 

常任理事国とその拒否権を温存して国連改革ができるとは思わない。常任理事国を増やしても、理事国を増やしても、拒否権を持つ常任理事国は、自国の考えで安保理全体の考えを否定することができる。

 

日本政府は安保理の常任理事国になりたいと言うが、まじめに国連の改革を考えているとは思えない。何故なら常任理事国とその拒否権の非民主性を研究していない。そればかりか、日本が常任理事国になる場合は拒否権が欲しいと言っている。日本政府は安保理で威張りたいだけだと思う。

 

The idea of a permanent member of the UN Security Council and its veto can be derived from the thought of liberalism, but not from the thought of democracy.

 

A permanent member is permanent even when it is a bad country. It is bad for the Security Council. When all of the members of the Security Council are elected democratically by the UN General Meeting, the Security Council can be democratic. 

 

And a veto is based on a policy favoring major powers. Even the ideas of other large countries as well as small ones are often denied by the veto. Therefore the idea of a veto is not democratic.

 

Retaining the idea of a permanent member and its veto, I do not think that UN can be reformed, because the permanent member can freely deny the whole idea of the Security Council according to its own idea, even if the number of the permanent members and the ordinary members are increased.

 

The Japan Government says that it wants to be a permanent member of the Security Council, but I cannot think it considers the UN reformation seriously, because it has not studied the undemocratic character of the ideas of a permanent member and its veto. In addition, it says that it wants to have a veto when it becomes a permanent member. I think the Japan Government just wants to be dominant in the Security Council. 2004.12.15

 

13. エネルギー消費問題(n値の設定)

Energy consumption problem (setting up of n value)

 

一人当たりエネルギー消費量で見るとアメリカがずばぬけて多い。

日本の倍である。

現在でもアメリカはエネルギーを節約したいと考えていない。

 

地球温暖化、エネルギー資源枯渇、国の違いによるエネルギー消費の格差は大問題である。

世界はアメリカのわがままに怒りを感じるようになってきた。

 

そこで次のような国際法を考えてみてはどうか。

 

一人当たりエネルギー消費量が、世界平均値のn倍以上の国は、エネルギーを使いすぎで、違法。

 

nは、アメリカにエネルギー消費を減らさせることができる数値とする。

地球環境悪化を防止できるような数値とする。

エヌ値と呼び、世界の人々がこれ以上はno(否)と叫ぶ数字にする。

 

これからは、物事によっては、大きければよいとか、多ければよいという価値観ではなく、普通がいい、平均がいいという価値観を導入して世界の人々が協力して生きることを考えるべきである。 

 

The energy consumption per capita of USA is by far the highest in the world.

It is twice as high as of Japan.

Even at present USA does not think to reduce its energy consumption.

 

Getting warmer of the earth, exhaustion of energy resources and large gaps of energy consumption among nations are great problems.

The world is becoming unable to repress its indignation at the self-centeredness of USA.

 

Therefore I wish to propose a new international law as follows.

 

A nation in which the energy consumption per capita is more than n times of the energy consumption per capita of the world is considered to consume energy too much and is illegal.

 

The value n must be a value with which USA is forced to reduce its energy consumption and it is possible to prevent a change for the worse of the environment of the earth.

The people of the world may cry no to the nation in which the energy consumption per capita is more than n times of the energy consumption per capita of the world. 

 

From now on the people of the world must think to live in cooperation, introducing an idea that in some cases it is good to be normal or average in stead of a sense of values that it is good to be large or many.

2005.3.8

 

14. 防災は死んでからでは遅い

 

戦争でアフガニスタンやイラクを民主化するというアメリカと、05829日にニューオーリンズなどを襲ったハリケーン「カトリーナ」に対する防災ができていなかった、そして被害者の救済を迅速にできないでいるアメリカと比較すると、アメリカという国はいったいどういう国なのかわからなくなります。

 

被害者が、「ヘルプ、ヘルプ」とみんなで叫び、自分達で助け合う動きがないことも驚きです。

人が避難した店から泥棒する人が多いとか、銃砲店から銃砲を盗む人が多いというのも驚きです。

よい社会をつくろうとか、常日頃住民の間で防災をどうしようと何も考えていなかった感じがします。

このような人々の集合であるアメリカがイラクを民主化するなどとイラク社会のことを考えているような振りをすることはやはり異常です。

 

周辺国政府はあっけにとられたのか、ハリケーン被害に救援を申し出たというお話しが聞こえてきません。

強大なアメリカが防災も被害者救済もできていないことが信じられないのではないでしょうか。

 

このアメリカが持つ本質的な問題は日本の問題でもあります。

イラクの復興支援ということで自衛隊までイラクに派遣している日本ですが、はたして日本の防災はできているでしょうか。

大地震が関東を襲ったら万人の単位で人が死ぬとの予測がありますが、それでは防災で地方政府や人々は何をしたでしょうか。

予測があっても、起こったらその時はその時と軽く考え、誰も防災をやろうとしません。

日本の人々もアメリカの人々と大同小異ではないでしょうか。

 

世界どこの国の人もそうですが、防衛には多額な予算を使い積極的ですが、防災はいつも予算不足で消極的です。

思い切って軍や自衛隊を防災隊に切り替えて自国の防災に注力した方が隣国から安心され、攻撃される恐れが大幅に減るのではないでしょうか。

2005.9.3

 

15. 世界を最大の行政単位として考えよう

 

個人が自分で自分を守ることは基本です。

しかしこれはむずかしいことです。

そこで私達は国をつくって他人を攻撃しないという法律を設け、違反した人を国が罰することにしました。

 

しかし国を外国から守る方法となると私達はなかなか先に進めないでいます。

 

個人の場合と同じように国が自分で自分を守ることは基本です。

しかし自衛隊を持っていても日本は攻撃される恐怖を持っています。

どうやら自分で自分を守ることはむずかしいようです。

 

そこで日本はアメリカと安全保障条約を結び防衛力を高めて外国から攻撃されないようにしています。

それでも攻撃される恐怖を持ち、自衛隊を拡充したいと考えています。

 

どうして世界という行政単位を考えて、外国を攻撃しないという国際法を設け、違反した国を世界が罰する仕組みをつくることができないのでしょうか。

 

原因はアメリカなど現在の強国にあると思います。

日本は強国に反対しないどころか、強国になりたいと考えています。

 

強国は、世界的仕組みは要らない、自分が世界の政府であり、警察であると考えます。

この強国の発想は、昔の大名の発想に似ています。

徳川が武力を行使して他の大中小名を押さえ、日本の政府、警察を担当したのと似ています。

 

要するに私達は世界に関してはまだ古い政治思想を捨てていないことがわかります。

ちょっと前に出ることは勇気のいることですが、現代人は現代らしく考えてこそ現代に生きていると言えると思います。

05.11.16

 

16. 法の無力化の原因

 

個人は人を殺してはいけない、国は人を殺してもいい。

個人は戦争してはいけない、国は戦争してもいい。

 

このように個人と国とで法の効力を変えることに法の無力化の原因があるのではないでしょうか。

 

会社が人を殺してもいいとか、戦争してもいいと考える人はいないでしょう。

ところが国となると私達の考えが「ゆらぐ」ことがわかります。

 

ゆらぐ原因は何でしょうか。

 

1. 私達が外国のことを考えない(外国を知らない)。

2. 外国不信を持っている(外国が攻撃してくるのではないかとの恐怖を持っている)。

3. 国の主権を尊重しすぎる(人殺しや戦争をする国を管理できる国際・世界法や警察機構がない)。

4. 国益を重視しすぎる(外国との話し合いがうまく行かない)。

 

私達はもっと国とは何かと考えるべきです。

人々からなる国について人とは違うと考えすぎないことが大切です。

 

外国のことを知って、外国人も私達と同じ人であることを知る必要があると思います。

外国も日本と同じように人からなる国であることを知る必要があると思います。

05.12.24

 

17. 古い組織と新しい組織

 

支配力を持っているある組織がその機能に限界があって重要な問題を解決できないとき、組織はどのような動きをするでしょうか。

組織の人々は組織に思い入れがありますから自分で組織を否定することは困難です。

どうしても自分の組織で問題解決したいと頑張ります。

すると新しい組織の成長を妨害することがよく起こります。

 

明治維新を考えると古い組織と新しい組織の関係がよくわかります。

江戸幕府は、自分の限界を感じながらも幕府で何とか外圧問題を解決したいと考えました。

新政府派は、幕府に見切りをつけ、妨害する幕府を潰してでも新政府を樹立しようとしました。

とうとう組織間に争いが起こり、新政府派が勝って明治維新が実現しました。

 

現代でも古い組織と新しい組織の間に同じようなことが生じます。

 

ところで今話題のアメリカ同盟は古い組織でしょうか、新しい組織でしょうか。

アメリカ政府は東西冷戦に勝ち、勢いにのって自分の考えをもって世界秩序を実現しようと考え、アメリカ同盟の強化育成に注力してきました。

しかしアメリカの国益の強調とか、不法と考えられる軍事力の行使とか、政府が親アメリカか否かで外国を差別する二重基準などが災いしてアメリカ同盟はどうも名ばかりという状態です。

 

アメリカ政府のイラク戦争に30か国以上が協力しましたが、積極的に協力したのはイギリス政府など少数で、そのほかは、経済援助目当てか、消極的に協力した感じがします。

総合的に見れば世界はアメリカ政府に非協力でした。

 

アメリカ同盟という考えは古いのではないでしょうか。

私は古い組織と思っています。

世界秩序を実現する力はないでしょう。

 

それでは新しい組織は何でしょうか。

これがまだはっきりしません。

 

反アメリカ武装組織がテロをやっていますが、これらの組織は過渡期に現れる単なる過激派で、世界秩序を形成できる新しい組織でないことは明白です。

 

日本政府はどうでしょうか。

現在の日本政府は、アメリカ同盟は世界秩序形成に有益と考え、自分をその有力メンバーと位置づけています。

したがって古い組織に所属し、現状のままでは新しい組織の成長を妨害する側に回る恐れが大きいと思います。

 

日本や世界の問題は私達の問題と考え、まず私達が未来の日本像、世界像を描くことが大切ではないでしょうか。

06.1.12

 

18. 戦争肯定は実は非現実的

 

戦争否定は非現実的と考える人が多いのですが、戦争肯定の方がはるかに非現実的です。

戦争する人としない人の数を比較すれば明白です。

圧倒的に戦争しない人の方が多いと思います。

 

昔から人殺しはいたからとか、今も人殺しがいるからとか、これからも人殺しは現れるからと言って、人々は人殺しを肯定するでしょうか。

しません。

反対に、人々は、人を殺してはならないという法律を作りました。

圧倒的に人殺しをしない人の方が多いからです。

 

とすると、昔から戦争はあったからとか、今も戦争はあるからとか、これからも戦争はあるからと言って、戦争を肯定することは論理的ではありません。

 

私達は、迷うことなく戦争を否定した上で、戦争する不法国・組織があったらどうしようかと考えるのが現実的です。

06.1.20

 

19. 国意識より世界意識


国益のためアメリカ政府は反抗し続ける政府を戦争で潰します。
アメリカ政府は世界一の軍事力を持っているからです。
国連はアメリカを批判できても戦争をとめることができません。
自分の世界警察機能がないからです。
アメリカ政府の軍事力に世界警察機能を依存しているのが現状です。

 

現在の世界は日本の戦国時代に似ています。
大名が日本の支配を争ったように強国が世界の支配を争っています。
小名は抵抗しますが、抵抗し続けると潰されます。

どうすればいいでしょうか。

 

アメリカは民主主義です。
もしアメリカ人の大半が軍事力より法を重視し、国益より、外国を平等に扱うことの方が大事と知れば、アメリカ政府は世界的社会性を持つようになります。

 

したがって今は私達はアメリカ人に、法を重視せよ、軍事力で外国政府の上に立ってはいけない、平等の精神を持てと説くしかありません。

ややもすればアメリカ政府をまねて、国益を強調し、軍事力を強化し、外国政府の上に立つことがいいことだと考える風潮があります。
それでは世界は落ち着きません。
下にされた外国政府は怒ります。
人々も反感を持ちます。

 

できるだけ多くの人々が国意識から世界意識に重点を移す必要があります。
私達が生きたいと思っているなら、外国の人々も生きたいと思っていることを理解すべきです。
外国の人々も私達と同じようによい生活を望んでいることを知るべきです。
まず私達が世界意識を持つことが大事です。

 

アメリカ人の大半が、世界意識を持ち、平等の精神を重視するようになれば、アメリカ政府は世界的社会性を持ち、よい意味での世界の指導者になることができます。

 

世界の人々が世界意識を持ち、世界に通用する法を重視するようになることが、新世界をつくる必要条件です。
06.2.13

 

20. イスラエルの将来は不透明

 

アフガニスタン戦争、イラク戦争に続いて、アメリカ政府はイラン戦争を始めるのではないかとのうわさが流れています。

どうしてアメリカ政府は意地になって戦争を続けるのでしょうか。

その背景にイスラエル問題があります。

 

旧約聖書創世記によるとユダヤ民族の先祖アブラハムは父テラとともにカルデヤのウルを出たとあります。

カルデヤは現在のイラク南部の地です。

時はあいまいですが紀元前18世紀頃のことと思います。

 

どうしてテラが家族を連れてウルを出たか創世記には書かれていません。

経済的理由および宗教的理由ではないでしょうか。

 

遊牧民だったので牧草を求めて移動したことは別にめずらしことではないと思います。

また当時のウルは多神教であり、太陽、月、星などを崇拝していたと考えられます。

テラは多神教に疑問を持ち、一神教に傾いていたため、ウルの人々とぶつかっていたかもしれません。

テラの子アブラハムは明確に一神教でした。

 

アブラハムはやがてパレスチナの地に定着しました。

しかしパレスチナには先住民が住んでいましたから、パレスチナで生活することは決して容易なことではなかったと思います。

紀元前18世紀頃、アブラハムの孫ヤコブの代になってパレスチナが飢饉に陥った時、ヤコブは一族を連れてエジプトへ移住しました。

当時はパレスチナが神から与えられた土地というユダヤ民族の神話は確立していなかったようです。

 

やがて長い年月の間にユダヤ民族はエジプト人から迫害を受けるようになりました。

異民族の地で迫害を受けることによって、パレスチナは神から与えられた土地という思いがつのり、この考えが神話として確立したのではないでしょうか。

迫害に耐えられず、紀元前13世紀とうとうあの有名なモーセが立って、ユダヤ民族をエジプトから導き出しました。

 

もちろん目指した土地は神話の土地パレスチナです。

パレスチナ人と数十年戦争また戦争を続け、ついにパレスチナを占領しました。

しかしその後も占領地保有のため戦争が続き、ユダヤ民族の国が安定したのは紀元前11世紀でした。

 

ユダヤ民族はダビデ王、ソロモン王のもとで繁栄したのですが、繁栄は続かず、紀元前10世紀、国は南北に分裂しました。

そして紀元前8世紀まず北王国が滅亡、紀元前6世紀に南王国が滅亡しました。

 

その後は神話に基づき国再建の努力が行なわれますが、周辺の強国のはざまでままならず、イエスの時代もローマに支配されていました。

紀元1世紀にはローマに反乱を起こしたため完全に滅ぼされ、ユダヤ民族は周辺の地に散りました。

しかし土地を失うことによってユダヤ民族のパレスチナを思う心はますます強くなりました。

 

2000年の年月が流れ、20世紀ドイツによるユダヤ民族迫害がきっかけになってアメリカ、イギリスなどの支援で1948年パレスチナにイスラエルが建国されました。

しかし大昔と同じようにパレスチナにはパレスチナ人が住んでいましたから、また、戦争また戦争です。

 

現在アメリカは軍事・経済でイスラエルを支援しています。

在アメリカユダヤ人は団結してアメリカ政府に圧力を加え、親イスラエルの外交の継続を求めています。

ユダヤ資本は自由の国アメリカでは強大ですからアメリカ政府は簡単に親イスラエル外交を変えることができません。

ところが次第にアメリカではアメリカが特別イスラエルを支援する理由について疑問を呈する人が増えつつあります。

 

イスラエルの将来は不透明です。

イスラエル人の多くが、戦争していないとイスラエルは滅びると思っているそうです。

確かに再び滅びる確率を否定できません。

 

パレスチナやアラブ諸国の人々は、ユダヤ民族はパレスチナを奪ったと思っています。

世界の人々はかつてのドイツのユダヤ民族迫害に同情しても、現在のイスラエルのパレスチナ人迫害にはどうも同情していません。

 

イスラエルはイスラエルに住むパレスチナ人を差別したり、排除したり、パレスチナ難民の帰還を妨げています。

これでは世界から見たイスラエルの政治的価値は乏しいと思います。

パレスチナ国の建国を認めるという補償で事がすむとは到底思えません。

 

第二次世界大戦後の世界秩序の混乱の中で無理して建国してしまったイスラエルの問題で、今、まさに世界は苦悶しています。

06.4.11

 

21. 海や海底の地形の命名法

 

国民感情は複雑です。

自国に接している海や海底の地形に外国の名前がついていると反感を持つ人がいます。

このような争いを避けるには、太平洋、北極海、地中海、黒海、黄海などのように、特定の国を意識させない名前がいいでしょう。

 

大西洋はいいようですが、これはヨーロッパから見た命名です。

大東洋でもいいなどと主張する人がいるかもしれません。

だから海の名前としてはいいとは言えないでしょう。

 

2か国で話し合って決めてもまた別の国が文句を言うかもしれません。

名前で国が争うようならば国連の専門機関で話し合って国を意識させない名前にしたらいいと思います。

06.4.22

 

22. 政府は政府のために行動する

 

政府を観察していると、政府は政府のために行動していると思うときがよくあります。

不健全な政府は不健全なことを考えやすいと思います。

 

したがって政府を評価するときは、私達の命が将来どうなるかと予測することが大切と思います。

自分の命、子孫の命、日本の人々の命は大丈夫かと判断する必要があります。

 

さらに外国の人々の命が軽視されないかと検討すべきです。

もし外国から反感を受けるならばこちらも反感をもって対立し、反感が増幅し、無益な戦争をするかもしれません。

 

たとえばアメリカ政府は、国際収支赤字、政府赤字という大問題をかかえながら、01.9.11の同時多発テロで人々が感情的になったのを利用し、正当防衛とは思えない意図的な戦争を始め、自国の若者の命を大勢戦場で失い、その10倍以上の外国の人々を殺しています。

アメリカ政府は人々のためになっていません。

 

政府対人々という対立構造がどこの国でも観察されます。

政府は人々の感情(不安、怒り、憎しみ、恐怖など)を利用して人々を動かそうとします。

 

政府は強大です。

この政府を制御しようと思えば、私達には理性と思考と忍耐と努力が必要です。

06.5.15

 

23. みんな人の命を重視している

 

インドネシアのジャワ島で大震災が発生すると、すぐ情報が世界に伝達されました。

そして世界は救援を考えて何らかの形で実行しています。

国連も、各国政府も、諸団体も、個人も何らかの形で救援に参加しています。

 

まだ世界的救援体制は不十分ですが、次第に形になってきたと思います。

世界のまとまりを感じ、世界に希望を感じます。

やはりみんな人の命を重視しているんだということを再確認できて嬉しく思います。

 

世界が協力すれば、解決できないと思っていた問題が解決できるかもしれません。

難問についてはその問題の本質が正しく世界に伝達されることが重要です。

悪意をもった政府などの強大な組織が、情報を規制して事実や真実を隠蔽するならば、世界がその問題を考えることが阻害され、難問の解決が遅れます。

06.5.31

 

24. G8は世界の諸問題を解決できない

 

サンクトペテルブルグでG8サミット(首脳会談)がありましたが、これで戦争とテロの問題は解決の方向に向かったと思った人は一人もいないでしょう。

G8が機能しない原因は何でしょうか。

 

G8G8であると威張って自分の権益を優先しているからだと思います。

サミットに出席できない国の中にこのサミットに出席できることが国の目標と思っている国がありますが、古い階級意識から自由になっていません。

 

G8はよく民主主義と言いますが、実は民主主義を知りません。

国連が民主化の動きを示すと反対し、国連に対抗して組織的行動を取り、G8の強さを世界に見せつけます。

力を誇示します。

 

戦争とテロの問題でもエネルギー問題でも環境問題でもG8が自分の権益を優先し、そのほかの国を差別したり押さえたりしている限り世界の深刻な諸問題は解決しないと思います。

 

やがてG8も衰退すると思いますが、その頃は世界もぼろぼろになっている恐れがあります。

 

G8は威張らないで一つの国として国連の会議に出席し、法に基づいて諸問題の解決方法を討議すべきです。

 

なお、国連安保理常任理事国は進んで国連の民主化に協力すべきです。

拒否権を放棄し、さらには常任である権利も放棄すべきです。

すべての理事国は総会で選挙で選ばれるべきです。

 

ところが現実は新たに常任理事国になりたいと運動している国が数か国もある状態です。

世界はまだ古い価値観から脱出できていません。

06.7.20

 

25. 強国の戦争についてはその責任を明確にしよう

 

強国が戦争で弱国を破壊し、国連が破壊された弱国を復興支援する形がよく観察されますが異常です。

強国に戦争させないようにすることが国連の任務です。

もし戦争が起こってしまったら強国をして復興させるべきです。

強国に加害の責任をとらせるべきです。

 

このような法を明確にしないと強国は平気で戦争します。

戦争は、勝っても加害の責任を負わされ、大損になるということを加害国の人々に認識させる必要があります。

 

現在の国連は強国に甘すぎます。

強国になめられています。

強国に厳しくすると国連は何もできなくなるという思いがあるのでしょう。

国連が強国に軽視されていることが現代の最大の問題です。

 

どうすれば強国の不法を押さえることができるでしょうか。

やはり強国の不法を非難する世界の人々の声が高まり、まとまることが必要です。

強国の中に自国の不法を非難する人々が増えることが必要です。

世界の人々はもっともっと戦争の犯罪性を話し合うことが必要です。

 

戦争は戦争をつくるのであって決して平和をつくらないことを人々は早く悟るべきです。

06.8.7

 

26. 世界民主主義

 

06829日世界宗教者平和会議(WCRP)第8回世界大会(京都)が終わりました。

人命を重視せよという結論は昔から出ていたと思いますが、問題はどうして人命が軽視されるか、人命の軽視を防げないのかということです。

 

ある宗教者は、現実差別されていることは耐えられないと言いました。

「殺されても殺さない」とは決心できないということでしょう。

 

強者は、差別された弱者の「反抗」を不法と非難しますが、自分が行なった「差別」を不法と反省しません。

 

民主主義国であっても強国になりますと弱い外国を差別します。

強国が民主主義を主張するのを利用して、「民主主義を主張するなら世界民主主義を肯定せよ」という論法で強国を法の下におくことが必要だと思います。

 

国(くに)民主主義(国の中では民主主義)はかなりの国で実現しました。

次の課題は世界民主主義を確立することです。

 

世界の人々の大半が人命を重視しています。

したがって世界民主主義は信用できないということはないと思います。

06.8.30

 

27. 国とはいったい何か


国とは何か、国境とは何かという問題は現代人にとって大きな課題です。
 
現在は、世界という意識が弱く、世界は国際社会と呼ばれています。
つまり国は主権国(主権を行使する完全な独立国家)という考えが強い状態です。
したがって国連があっても、強国が支配的です。
大名が支配的で、日本という意識があいまいであった昔の日本を考えると今の世界がわかりやすいと思います。
 
国連には既存の国境は動かさないという原則があります。
しかし国が支配的ですからいまだに国境争いが生じます。
 
たとえば北方4島問題、竹島問題、尖閣諸島問題は、このような国際社会の中で起こっています。
単なる所有欲だけでなく、具体的な利害が絡んでいますから問題は深刻です。
当事者(国)は執念深く領有を争いますから戦争になる危険性を内包しています。
 
しかし国境問題で国は決して戦争してはいけません。
戦争は損害が大きすぎて全く損得勘定が合いません。
忍耐強く話し合いを続けるか、急ぐなら国際司法裁判所で裁決を求めるのが妥当です。
 
ところが、国境問題で国が戦争し、人が死んでもいいと考える国意識の強い人がいます。
これが愛国心と誤解している人は多いと思います。
強すぎる国意識は人々の迷惑です。
 
戦争を避けるためには国とは世界の中の地方、区域、行政区と考える方法があります。
このような考えを人々が持つようになることは可能です。
人間の思考の問題にすぎないからです。
外国に永住している人は無数にいます。
彼らを異常と思う人は一人もいないでしょう。
 
しかし現代はまだ、国意識が強く、世界意識が弱い状態です。
世界は夜明け前です。
そのため私達は戦争の不安をかかえながら生きています。
06.11.17

 

28. 総合的に見れば世界も法が支配的


殺してはならないという法が支配的な社会であれば個人は武器を買う必要はありません。
時々起こる殺人については警察が対応します。


総合的に見ればアメリカも殺してはならないという法が支配的な社会と思います。
アメリカで個人が武器を持てるのは、自分の身を守るのは個人という昔の開拓時代(無法時代)の武器を持つ慣習が個人の権利として残っているからでしょう。
それが現代も武器による犯罪が非常に多い結果になっています。
現代は法の時代ですからアメリカといえども個人が武器を持つ権利を放棄した方がいいことは明らかです。


世界には国々がありますが、国権として武器を持つ国がほとんどです。
日本は、世界が法が支配的であることを期待して憲法では軍備および戦争を放棄しています。
ところがその日本も現実は戦争の恐れや戦争があるというので憲法を無視して軍備を拡充し、正当防衛の範囲をこえる武力の行使ができるようにしようとしています。


しかし実は総合的に見れば世界も法が支配的です。
別に世界は戦乱の状態ではありません。
一部自制のない国、民族、武装勢力が戦争や内乱を起こしている程度です。


したがって国連や国際的話し合いで、各国がそれぞれ武器を保有する段階から、時々世界のどこかで起こる戦乱に備えるため世界警察を設ける方向に進むならば、各国の防衛予算を大幅に減らし、民生改善に回せるはずです。
現代は国権として武器を保有するなどと馬鹿なことを言っている時代ではないと思います。
0704020

 

29. 戦争しやすいから戦争しない決意が必要


成長の限界を感じる世界で自由競争を強調すると個人の間でも国の間でも自分の利益だけを重視する傾向が出ます。
その結果、格差が拡大します。
勝者も敗者も将来を考えないで感情的衝動的に行動するようになり、世界に不安と不信が満ちてきます。
個人が政府を使って自分の利益を守ると考えると国家主義が強くなります。


成長の限界を感じているのに、アメリカの自由主義、資本主義を強調したグローバリゼーションが支配的であることから判断にして現代は戦争しやすい時代です。
このような条件下で、時には戦争もある、いざとなったら戦争すると考えていると、本当に戦争し、しかもその戦争が予想以上にはるかに長引き、人々が一生苦しむことになります。


このような時代だからこそ、戦争しないとの決意、戦争しない方法を考え話し合う姿勢が重要になると思います。
不安と不信を除去するには、法の重視、情報交換、話し合い、格差是正、協力が必要になります。
勝手に相手を敵とし、感情的になり、怒って不法に対して不法で応えるのは不法です。
法で応えるのが法です。


不法を犯さない最善の方法は、不法を犯してはならないと考えることではなく、法を行なうことだと思います。
日本は、平和ボケではなく軍備拡充ボケで、次第に法に甘くなっていると思います。
戦争しやすい状態になりつつあります。
07.4.23

 

30. 一民族一国の時代ではない


最早一民族一国は不可能です。
それなのに民族独立戦争がおこる原因は何でしょうか。
差別だと思います。
したがって政治は異なる民族の人々の命や心を平等に尊重することが必要です。
 
被差別民族についてですが、もちろん威張る民族の方が悪いのですが、たとえ差別を受けても差別にめげず、助け合って学問し、仕事をし、事業を行なって、いろいろな分野で生き生きと生きた方が、差別民族と戦争するよりいいと思います。
戦争すればまず勝つことはできません。
その上、怒りのあまり戦争することばかり考え、学問にも仕事にも事業にも手がつかず、非人間的な生活に陥るでしょう。
戦争に巻き込み愛する家族や友人も失うでしょう。
 
仮に外国の支援で独立できたとしてもこのような民族国家が経済的独立を達成することは容易ではありません。
独立後も独立を支援した外国の経済的支援を受けることになりやすいと思います。
これでは独立しても今度は別の国に従属することになります。
 
差別されても文化的な生活をしていたらやがて差別民族の方が遅れていることが目立つようになるでしょう。
遅れていると思って被差別民族から学ぶ人が現れるでしょう。
差別民族に対してもよいことについて協力的ならば差別のない社会にする運動もやりやすくなるでしょう。
 
民族共存の方法を考えた方がすべての民族が人間的に生活できると思います。
国を持ちたいと苦労している民族、持っている国を民族国家として維持したいと苦労している民族は、いつまでも不安危険な社会に生きることになるでしょう。

2007.12.23

 

31. War mind is an interior enemy

戦争心は内なる敵


世界で戦争に関する関心が高まり、戦争を話題にする人が増えています。
多くの国々が軍備拡充を行っています。
世界で戦争論者が増えることは危険です。
大きな戦争になる危険性が高まります。

危険な新型ウイルスと、戦争心は伝染性においても人の命に対する危険性においてもよく似ています。

ところが人は新型ウイルスを否定するのに戦争心を肯定する人が多いと思います。
外なる敵に気付いても内なる敵に気付きません。

世界が協力して新型ウイルス対策を行うように戦争心対策を行うようになると平和に近づくことができると思います。

The concern about war is rising in the world in recent years, and the number of those who mention war is increasing.
There are many countries which are expanding their armaments.
It is dangerous that the number of war disputants increases in the world.
Danger of an outbreak of big war rises.

 

The dangerous new virus prevailing now and mind to war look similar in infection and danger to human life.

However, many affirm war mind in spite that every one denies the new virus.
They don't notice the interior enemy in their minds but the exterior one.

 

I think peace will be near if the world takes measures against war mind in cooperation as it does against the new anti-virus.

2009.5.7

 

32. The United States, China, and Russia to be put under laws applicable to the world

アメリカ、中国、ロシアを世界に通用する法の下に

 

アメリカも中国もロシアも人命を軽視する国だと思います。

そのような国が世界の指導力を争うというのは世界にとって不幸なことだと思います。

日本がアメリカと同盟することも世界にとって不幸なことだと思います。

 

アメリカとロシア、あるいはアメリカと中国が話し合うようになりましたが、世界のトップ3が、トップ3の地位を守るような形での話し合いでしょう。

結果的に世界のためになる面はあると思いますが、彼らは世界のことを考えて譲歩している訳ではありません。

指導力を三分しているだけだと思います。

 

これでは世界は平和になりません。

 

真の平和は、アメリカ、中国、ロシアをも、世界に通用する法の下に置くことです。

 

I think the United States, China, and Russia are countries which disregard human lives.

It is unhappy for the world that such countries struggle for leadership in the world.

I think it is also unhappy for the world that Japan allies with US.

 

US and Russia, and US and China are getting to talk together, but the talks may be to defend their top 3 positions.

They do not concede for the sake of the world, though the talks may be consequentially beneficial for the world to some extent.

I think they only divide leadership in three in the world.

 

In such a way the world doesn't become peaceful.

 

Real peace will come after putting US, China and Russia under laws applicable to the world.

2009.7.30

 

33. Development lightens a country, and decline darkens it
発展は国を明るくし、衰退は暗くする

G8
G20は上流国際社会、上中流国際社会を象徴しており、世界を階級で差別していて本当に世界発展に役立っているか疑問です。
しかし上中流国の間では戦争しない効果があるかもしれません。
問題は上中流国が下流国を見下すことでしょう。

しかし見下されても感情的にならず、上中流国から知識、技術、資本を導入して生産輸出に注力するなら下流国もその生活水準を上げることができます。
生活水準を上中流国並に高くすることに成功すれば階級など気にする必要はありません。

下流国で起こりやすい問題は国が貧乏なのに限られた富を強者が争うことです。
これでは強者が勝っても国は一層貧乏になるだけです。
強者の教養に問題があることが多いと思います。

階級より発展しているかどうかが問題です。
発展は国を明るくし、衰退は暗くします。

日本はまだ発展している面がありますが、近年は衰退している面も目立ってきました。
日本の未来は暗いと思う日本人が多いのは危険な兆候です。

G8 and G20 symbolize the high international society and the high and middle international society respectively, and discriminate countries in the world by rank.
I doubt whether they are really useful for the world development or not.
However, there might be an effect to prevent wars among the countries in the society.
The problem is that the high and middle-ranked countries look down upon low-ranked countries.

But, if a low-ranked country keeps calm at being looked down, and concentrates on production and export, introducing knowledge, technology and capital from the high and middle-ranked countries, it can also raise its living standard too.
There is no need for it to mind rank if succeeding in raising its living standard as high as of the high and middle-ranked countries.

A problem apt to happen in a low-ranked country is that the strong in it fights over its limited wealth in spite that it is poor.
In such a way it will become poorer even if the strong wins.
The strong often lacks education.

Important is development rather than rank.
Development lightens a country, and decline darkens it.

Japan is still developing in some fields, but fields in which decline is observed are getting conspicuous recently.
It will be a dangerous symptom for Japan that there are a lot of Japanese who think Japan will be dark in the future.
2010.6.28

34.
Atomic bombing is a crime that can never be forgiven

原爆投下は赦されざる犯罪


広島市の「原爆死没者慰霊式並びに平和記念式」が核兵器をなくす運動において大きな役割を果たしています。
被爆の苦しさは被爆した人々が一番よく知っています。
核兵器の残虐さを訴える彼らの声が次第に世界に浸透にしています。

今日の式に原爆を投下したアメリカから初めてルース駐日大使が代表として参加しました。
ルース駐日大使は原爆投下について謝りませんでしたが、アメリカに対する世界の厳しい目は感じているでしょう。

私は19455歳でしたから日本軍が何をしたか記憶はありません。
しかし私の町がアメリカ軍の艦砲射撃、空爆、空からの機銃掃射を受け、多くの人々が死に、町の半分が破壊されたことを記憶しています。
登校中の女学生は空からも女学生とわかると思いますが、アメリカ軍人は殺戮を楽しむかのように女学生の群に機銃掃射を加えて殺しました。

まして原爆投下は虐殺です。
赦されざる犯罪です。

"The memorial service for the atomic bomb victims and peace" of Hiroshima City, Japan, plays a major role in the movement to get rid of nuclear weapons.
The people who were exposed to atomic bombing know its painfulness best.
Their voices to appeal for the cruelty of nuclear weapons have infiltrated gradually in the world.

Mr. John Victor Roos, Ambassador of the United States to Japan, participated in the today's memorial service as the first representative
from U.S. that  dropped an atomic bomb on Hiroshima City.
He did not apologize the atomic bombing at the service, but he might feel severe eyes of the world against U.S.

Since I was 5 years old in 1945, I don't remember what the Japanese army did in foreign countries, but I remember that my town received bombardments from U.S. warships and military planes, and machine-gunnings from air, and a lot of people died, and the half of the town was destroyed.
The U.S. soldier shot a crowd of Japanese schoolgirls with machine-guns from air and killed them as if enjoying slaughtering, though I think he could recognize from the plane that they were schoolgirls who were going to school.

Atomic bombing is a much crueller slaughter.
It is a massacre that can never be forgiven.

2010.8.6

35. 悪魔の技術を生んだ物理学

私が学生であった時代はよく知られていた物質は分子、原子、陽子、中性子、電子程度で素粒子に関する知識は新鮮でした。
多くの科学者が支持している現代物理学の「標準理論」では17種類の素粒子があり、そのうち16種類は見つかっていましたが、1種類だけは見つかっていなかったそうです。
標準理論に基づくと未発見の素粒子は非常に重い素粒子で物質の質量の源と考えられてきました。
陽子を光速近くまで加速し正面衝突させると様々な粒子が発生するそうです。
世界の科学者が気が遠くなるような回数の衝突実験を繰り返し、未発見の素粒子ではないかと思われる粒子を見つけたそうです。
それは陽子の130倍の質量を持っており、標準理論で考えられる非常に重い素粒子ではないかと言われています。
多くの科学者が肯定しているそうです。
そしてこれで標準理論の正しさがほぼ証明されたことになるそうです。
しかし人類が知りえることは観察方法、実験方法があることだけで、それ以外のことは仮説になります。


ところで物理学の進歩は原子力利用という技術を産みました。
まず核兵器が実現し、次に原発が実現しました。
核兵器が悪魔の技術であることはすでに周知ですが、原発も悪魔の技術であることが次第に明確になってきました。
生物は放射能に弱いのですが、原子力利用は地球上の放射性物質の量を増やすため、生物にとって大切な地球環境が悪化するという致命的な問題を持っています。

放射性物質を漏洩しなければ原発は安全と言われていましたが、東京電力福島第一原発事故などの大量の放射性物質漏洩事故は原発が危険であることを証明してしまいました。
また人類は放射性物質を処理して放射能を取り除く技術を持っていません。
つまり人類は放射性物質の管理ができません。


核兵器も原発も廃棄し、つくってしまった放射性物質は放射性物質を管理する世界機構に管理をゆだね、最大の工夫努力をもって放射性物質が世界に拡散することを防ぐ以外に人類永続の可能性はないと思います。
管理ができなければ生物は放射能による突然変異の確率が高まり、当然のことながら滅亡の確率が高まります。

大きな天体が地球に衝突して人類が滅亡するのはしょうがないことですが、自分で開発した原子力で滅亡するのは耐えがたいことです。

核兵器も原発も人の命に反します。
2012.7.10

36.
神との契約に基づくユダヤ民族の国とは


どうしてイスラエルは周辺諸国に嫌われるのでしょうか。
パレスチナ人や西アジア・アフリカのアラブ連盟諸国が建国に反対したのに軍事力が強大なアメリカ、イギリスなどの支援を受けてヨーロッパ、アメリカなどからパレスチナに流入したユダヤ人が原住民のパレスチナ人を排除して強引にイスラエルを建国したからです。
1948
年のイスラエル建国以来今日までイスラエルとパレスチナ人や周辺諸国は対立の状態を続けています。
イスラエルは戦争で何とか国を維持している状態です。
このような状態でイスラエルに平和が来ることはありえません。
 
ユダヤ人は、2000年近く、国を失い、ヨーロッパなどに散って不自由な生活をして来たため自分の国がほしいという願望が非常に強かったと思います。
この欲求がパレスチナ人を軽視する不法を働く原因になりました。
 
アメリカ、イギリスなどがイスラエル建国を支持した理由は、アメリカ、イギリスなどの経済界でユダヤ人が大きな力を持っており、彼らの願望を聞くことを重視したこと、昔ユダヤ人の国があったパレスチナにユダヤ人を戻すことで長年のヨーロッパにおけるユダヤ民族問題を解決できると考えたこと、パレスチナの社会が未発達で国が未確立であったためパレスチナ人の人権を軽視したことだと思います。
 
総合的に考えるとイスラエルに非があります。
唯一の解決策は、イスラエルがとった土地を返すことでパレスチナ人との妥協点を見つけることではないでしょうか。
パレスチナ人が全部返せと言うと、イスラエルは対立継続を選ぶでしょう。
これはイスラエルにとってもパレスチナ人にとっても不幸の継続を意味します。
妥協点が見つからなければ、イスラエルはパレスチナ人や周辺諸国と対立を続け、不法を非難され、ついには世界からも非難されるようになり、再びユダヤ人が世界に散ることになる可能性が大きいと思います。
不法が永遠に認められるということはないからです。
 
ユダヤ民族の長い歴史を考えると、大昔彼らの父祖がカルデヤのウル(今のイラクのウル遺跡付近)を出たときから国を持てない運命を背負ったかもしれません。
父祖がウルを出た理由はウルの人々(現実)と対立し、負けたかウルに失望したからだと思います。
しかしユダヤ民族の神ヤハウェとの契約に基づくユダヤ民族だけの国は非現実であり、地球上に建設することは不可能と思います。
 
世界中のユダヤ人はよく連絡を取り合い助け合っていると言われています。
この国をこえたユダヤ人のネットワークが実はユダヤ民族だけの国に代わるものであるような気がします。
2012.9.10

37.
人の命の重視という価値観を東洋の中庸思想で飾ってみてはどうか

世界規模で知識の交流が進み、人々は生活の改善を試みています。
アメリカなどの先進国の生活水準が突出しましたが、意外に人々は幸福ではありません。
半病人が増えています。
現在の先進国と後進国を結ぶ直線あるいはその延長線上に目標とすべき国家像はありません。

日本はアメリカを目標にして頑張ってきましたが、人間性を失いつつあります。
中国は息せき切ってアメリカを目標にして頑張っていますが、日本と同じように失敗すると思います。

先進国の問題点は度のすぎた資本主義です。
資本家が人の命を軽視して資本拡大に注力しています。
彼らは資本がなければ何もできないと思いこんでいます。
国をも利用して資本拡大を行っています。
資本を重視するあまり、人間性を失っています。
彼らの支配下で大半の人々が、損得に翻弄されながら人間性を失います。
こうして半病人が増えます。


現在の先進国と後進国を結ぶ直線状から横に出たところに真の幸福があると思います。
資本主義はほどほどにし、人の命を重視する生き方に永遠性があります。
生きる目的は生きることです。
自分に対してであろうと他人に対してであろうと、生きることに反する言動は罪です。
資本主義も度がすぎて人の命を軽視するようになったら罪です。


アメリカのような先進国の資本主義はすでに罪の領域に入っており、半病人が増えるのは当然です。
アメリカは自分の問題に気付き始め、民生重視の方向に舵を取り始めています。


人の命の重視という価値観に東洋の中庸思想を飾ると近代的な国家像が描けるのではないでしょうか。
中国と日本は経済力で競争している場合ではないと思います。
アメリカ先生から学ぶのではなく、それぞれよく考えて生きやすい国づくりで競争した方が賢明です。
2013.2.4

38. 国家主義者と世界主義者の対立

アメリカの入国制限や輸入制限の動きは、アメリカに混乱を起こしているだけでなく、外国にも大きな混乱をもたらす恐れがあります。

世界交流はアメリカが主導してきたと思います。

アメリカのおかげで中国やロシアも世界交流の仲間になったと思います。

数多くの世界機関、世界会社、世界人が誕生し、新世界づくりの基盤ができつつあります。

世界機関、世界会社、世界人は世界で活躍し、国より世界で活動する利点を実感してきました。

 

しかしアメリカは国であって世界国にはなれません。

世界交流によって外国も主権に目覚め、アメリカに対抗して国として自分の主権を主張します。

アメリカの世界支配力は高まるどころか、アメリカと争う国が増えました。

国の間では多極化が起こっています。

 

アメリカ系世界機関・会社・人はアメリカのためではなく、世界的活動を拡大することに存在価値を見い出しています。

彼らから見ればアメリカは活動の場としては小さくなりました。

 

アメリカの政治家・国家主義者らは世界における国の地位低下に伴い、自分の地位低下に不安を感じています。

しかし、世界人のように世界的活動ができません。

外国と同盟する、あるいは対立するぐらいの古典的活動の場しかありません。

 

イギリスがEUから離脱する、アメリカがTPPから離脱する。

これらの行動は国家主義的政治家が主導してやったことです。

保守反動が起こったと解することができます。

 

世界主義的政治家が国の中で力を持てるか興味津々です。

世界的活動ができないアメリカ・アメリカの政治家・国家主義者と、世界機関・会社・人の力関係は興味津々です。

言い換えると国・国の政治家・国家主義者と世界機関・会社・人の争いがこれから面白くなります。

 

すぐ世界機関・会社・人が勝つとは思えません。

国・国の政治家・国家主義者の反動的巻き返しはすごいと思います。

税金という国の集金力、税金を使った人を集める力は非常に強く、世界機関・会社・人の集金力、人を集める力に勝ると思います。

 

しかし国は決して世界機関・会社・人の自由を奪うことはできません。

最後に勝つのは世界機関・会社・人と思います。

国も世界の一員として世界に順応することになると思います。

2017.2.8

39. 戦争は国の犯罪

 

憲法第9条に「国権の発動たる戦争」という言葉があります。

1946年当時、戦争は国権の発動という考えが一般的だったのでしょう。

これは間違っています。

 

真実は戦争は国の犯罪です。

だから憲法は日本国は戦争を放棄すると定めたのです。

 

マフィアの世界では家と家が縄張りを争って戦争するそうです。

国はマフィアの戦争をマフィアの主権の発動などとは言わないでしょう。

マフィアの戦争は犯罪です。

2017.5.26