HOME    人の命   世界

 

個人(Individuals)

 

1. 個人は組織を使って目的を達成するため組織を形成する。つまり組織は目的ではなく手段である。組織は組織を構成する個人のためのものである。国も組織の一つである。国は国民一人一人のためのものである。事業家が会社を設立して従業員を雇った場合でも会社は従業員を軽視することはできない。もし従業員が軽視されるならば従業員はよく働かない。その結果、会社はうまく行かない。したがって組織を構成する個人は組織より重要である。もし組織が個人を苦しめているならば組織は見直されるべきである。組織は個人のために機能するべきである。国は国民一人一人のために機能するべきである。

 

Individuals form various organizations in order to perform their purposes through the organizations.  The organizations are not objects but means.  The organizations are for the individuals composing the organizations.  Even in the case an enterpriser establishes a company and employs workers, the company cannot make light of the workers.  If they dont work well, the company cannot go well.  So the individuals are more important than the organizations.  If the organizations distress the individuals, the organizations must be reconsidered.  The organizations must function for the sake of the individuals.  2003.1.20

 

2. 個人が生きる目的は生きることである。それゆえ個人、さらには組織は、人を生かしている人の命を最重要視するべきである。よいこととは人の命にとってよいことである。

 

The purpose of an individual to live is to live.  Therefore Human Life, the purpose of which is to live, must be attached the highest importance by individuals and organizations.  It is good when it is good for Human Life.  2003.1.20

 

3. 自我の母は人の命である。したがって人の命を信じることは非常に重要である。人の命は体を助けるだけではない。ちょうど母が子の希望をきくように、人の命は自我を助けて、その思いを実現させる。自我にとって人の命は最大の助けである。

 

The mother of self is Human Life.  It is very important for you to believe in Human Life.  Human Life helps not only the body but also the self so that the desires of the self may be achieved, as a mother listen to her childs desires.  The help from Human Life is the strongest for self.  2003.1.20.

 

4. 人の命は、人がウイルスのような状態の時から数十億年も続いてきたので非常に力がある。しかし人の命は生きている人の体の中に生じ働いている。そして人の体は自然の中に生じ生きている。それゆえ人の命は絶対ではない。限界がある。万能ではない。しかし私達が思うよりはるかに力にあふれている。人の命を信じ、その助けを借りると人は奇跡的なことを行うことができる。いわゆる信仰の力は外なる神から来るのではなく、人の命から来る。ところがほとんどの人がこの真実を知らない。外なる神は単なる想像上の神にすぎないのに信仰の力は外なる神から来ると思い込んでいる。

 

Human Life is very powerful because Human Life has continued for a few billion years since human beings were like viruses.  But Human Life was born and has been grown up in living human bodies, and the living human bodies were born and have grown up in the nature of the earth.  Therefore Human Life is not absolute and has limits to exist.  Human Life is not almighty.  But it is more powerful than you imagine.  When you believe in Human Life and get help from it, your achievements will be miraculous.  So called power of belief comes not from external god but from Human Life.  Almost all the people do not know the truth.  They think that the power comes from external god(s) without knowing the external god(s) is a mere imagined one.  2003.1.20

 

5. すべての人が人の命によって助けられている。したがって誰でもやりたいことができる。できると思うことは、人の命を信じている証拠である。できないと思うことは、人の命を信じていない証拠である。例えば普通の人ができないと思ったことを技術者は技術を開発して可能にしてきた。技術は技術者の自我によって開発されたものである。その自我は人の命の上に形成されたものであり、人の命によって助けられている。人の命は差別なくすべての人の自我を助けている。自我ができると思うか、できないと思うかでその人の業績が変わってくる。

 

Every individual is helped by powerful Human Life, so every one can do what he or she wants to do.  To think it is impossible to do is the evidence that you do not believe in Human Life.  Technologies that human beings have developed have made possible what ordinary people have thought impossible.  The technologies are developed by selves and the selves are based on Human Life and helped by it.  Organizations that are useful to perform projects that are difficult to perform by one person are also established by selves.  2003.1.20

 

6. 人の一生は人の命と自我の二人三脚である。もし自我が人の命から離れて行くならば人は歩くことも走ることもできず、倒れる。いかなる実行においても人の命との調和が自我にとって非常に重要である。もし人の命を信じ、その協力を得ることができるならば計画は成功するだろう。

 

Ones whole life is a three-legged race of Human Life and his or her self.  If the self goes apart from Human Life, one cannot walk or run but falls down.  Harmony with Human Life is very important for self in every achievement.  If you believe in Human Life and can get cooperation from it, your plan will be successful.  2003.1.20

 

7. 個人の命の重要性はすべて同じである。人種、民族、性差、職業、地位、資産などで命の重要性が左右されてはならない。強国の国民の命は重視されるが、強国に反対する国の人々の命は軽視されるというのはおかしい。国の最高責任者の命は重視されるが、日雇い労務者の命は軽視されるなどということは問題である。すべての人が人の命を持っていることを知れば人種、民族、性差、職業、地位、資産に関係なくすべての人命を重要視するだろう。

 

The importance of the lives of individuals is the same.  The importance must not be influenced by their occupations, positions or richness.  It is a problem that the life of a president is attached importance but the life of a day laborer, not.  If you know everyone has the same Human Life, you will attach the same importance to everyone life disregarding their occupations, positions or richness.  2003.1.23.

 

8. 人は子をもつべきである。しかし種々の理由で自分の子をもてない人がいる。このような人も人の命と調和して生きることが非常に重要である。なぜなら彼らの中でも人の命は働いている。人の命の最小目的は人を生かすことである。ところで上可能と思うことでも上可能でない場合がある。医療技術によって自分の子をもてるかもしれない。人の命は自我を助け、自我は医療技術を開発し、この技術の助けで子のない人も自分の子をもてる場合がある。

 

It is essential for human beings to have children.  But we know there are so many people who cannot have their own children because of various conditions.  It is very important even for them to live in harmony with Human Life.  They must be happy even in the case they dont have children.  Even in them Human Life is working, and the minimum of the purposes of Human Life is to make them live.  By the way you may have your own children with the help of technologies.  What you think impossible is not always impossible.  Human Life helps self, the self may develop the technology, and  with the help of the technology a childless woman may have her own child.  2003.1.24

 

9. 自分が弱いあるいは貧乏であると思うならばまず人の命を信じるべきである。それから自分は力にあふれた人の命に助けられているのだからできると信じるべきである。それから弱い状態あるいは貧乏な状態から脱出する計画を作るべきである。人の命の助けを感じながら計画を実行に移すべきである。計画の成就については成功すると信じ続けるべきである。非常に困難な状態に陥り、自分では問題を解決できないときは躊躇なく人の命の助けを求めるべきである。人の命は問題解決に協力してくれる。わからないまま失敗する上安をもちながら焦って何かを実行してはいけない。解決方法が示される時を待つべきである。例えば心を平安にして眠ると翌朝解決方法が示されているということがある。恐らく無意識の状態で人の命と自我の交流が行われ、多くの情報が整理され、解決方法が考え出されるのであろう。

 

If you think you are weak or poor, you have to believe in Human Life first.  Then you have to believe that you are able because you are helped by powerful Human Life.  Then you have to make a plan to escape from the weak or poor condition.  Feeling the help from Human Life you have to put the plan to practice.  Be patient in the fulfillment of the plan.  When you meet a very hard time and you cannot solve the problem by yourself, you may ask the help of Human Life and it may show you a way of solution.  When you are not shown the way of solution, dont hurry.  Sleep in peace of mind because Human Life works while you are deeply asleep.  Be patient until you are shown the way of solution.  There is such a case that time is necessary before the way of solution is thought out by Human Life.  2003.1.24

 

10. 自然や社会の中では人が生きることができる許容範囲がある。例えば私達は摂氏50度以上の環境で生きることはできない。もしそのような中で生きたいと思うならば20度ぐらいに保たれた部屋を作ってその中で生きなければならない。しかしこのような方法で生きることは容易ではない。同じように私達は人の怒りの中で生きることはできない。もしそのような中で生きたいと思うならば怒った人の攻撃を防ぐため武力を持たなければならない。しかしこのような生き方は平安ではない。私達は生きることができる許容範囲を知るべきである。これは重要な知識の一つである。超能力願望は危険である。

 

There are natural laws that show the limits in which human beings can live.  For example we cannot live in the atmosphere of more than 50 degrees centigrade.  If we want to live in it, we have to make capsules the temperature of which is kept around 20 degrees centigrade, and live in them.  But it is not easy to live in such a way.  In the same way we cannot live surrounded by anger of human beings.  If we want to live in such a condition, we have to have armaments in order to prepare the attacks from the people in anger.  But we are not in peace.  We should know the natural laws and the cases in which human beings get angry or dont get angry.  It is dangerous to desire supernatural power.  2003.1.29.

 

11. よいこととは人の命にとってよいことであり、悪いこととは人の命にとって悪いことである。こう考えると善悪がわかりやすい。人を殺すことは悪い。何故か。もし人を殺すならば、その人の体が死に、その中で体を生かすために働いている人の命が消滅する。すなわち生きている人をあえて殺すのは人の命に反する。悪人を殺すことも人殺しである。自殺も人殺しである。人殺しの原因は、人の命に反し、自我が人殺しを考えているからである。自我はよいことを学び、よいことを考えるべきである。悪いことをするために人の命の助けを得るようなことは決してしてはならない。

 

It is good to be good for Human Life and bad to be bad for Human Life.  It is said to be bad to kill a human being.  If you kill a human being, the body in which Human Life works for the sake of the body dies.  That is, you are against Human Life.  Human beings are all friends.  They have the same Human Life.  The person who kills human beings is ignorant.  The persons self has a bad thought even though Human Life in the person is the same as the one in a good person.  Self should learn good things and think good.  Never get helps from Human Life in order to achieve bad things.  2003.1.30

 

12. 人の命に祈るときは感情をこめて心をこめて祈るべきである。言葉だけで祈っても祈りは人の命に通じない。何故なら人の命は日本語などを知らない。人の命が使っている言語は感性的である。故に日本語などは感情に翻訳されていないと人の命に通じない。浅い考えは実行力がないが、深い思いは実行力がある。その理由は深い思いには感情、心がこもっており、人の命が容易にその深い思いを理解し、全面的に協力してくれるからである。

 

When you pray to Human Life, you should pray with feeling and all your heart.  A prayer with mere words cannot be understood by Human Life.  Because Human Life does not know languages such as English, Japanese and so on used by self.  The language used by Human Life is a kind of sensibility.  Therefore, if the languages such as Japanese are not translated into feelings, they are not understood by Human Life.  Shallow thoughts are powerless but deep thoughts are powerful because the deep thoughts have feelings and are wholehearted, and Human Life easily understands the deep thoughts and works together with self in order to achieve them.  2003.2.23

 

13. 個人の力を小さいと思ってはいけない。自分が思うより大きい。回りの人に大きな影響力を与えている。社会に大きな影響力を与えている。社会を美しくしたいと思ったらまず自分が美しくなることが大切である。自分の家を美しくすることが大切である。他人がみんな変になっても自分は変にならないようにしなければならない。人の命を信じ、孤独に耐え、自分の健全性を守らなければならない。

 

Dont think that individual power is small.  It is greater than you think.  It has a strong influence on the people around.  It has a strong influence on the society.  If you want to make the society beautiful, you should first make yourself beautiful.  It is important for you to make your home beautiful.  Even though all the other persons become unsound in a thinking way, you yourself should be sound.  Believing in Human Life, enduring the loneliness, you should keep your soundness as your most important treasure.

 

14.  強すぎる国意識、民族意識の問題点

The problems of too strong nationalism and racialism

 

国とか民族を重視しすぎることは危険である。

外国人の命を軽視する恐れがあるからである。

 

たとえば昔北朝鮮の特殊工作部隊が十数人または数十人の日本人を拉致した事件に関連にして、北朝鮮政府は誠意がないと言って、日本人は経済制裁をせよと言っている。

 

日本人は北朝鮮が民主主義国でないことを考慮していない。

もし経済制裁をするなら、ただでさえ苦しい北朝鮮の人々がさらに苦しむだろう。

日本人も北朝鮮と輸出入など経済活動ができなくなり上自由になる。

 

問題は北朝鮮の人々ではなく、北朝鮮政府にある。

人々を苦しめて政府を苦しめるという考えは、北朝鮮工作部隊の考えと同じである。

 

日本人も人、北朝鮮の人も人と考えることができて初めて日本人は文化人と呼べると思う。

 

It is dangerous for us to make too much of our country or race, because there is a fear to make light of the lives of the people of foreign countries or races.

 

For example, the Japanese say that North Korea should be sanctioned economically, making an issue of the dishonest attitude of the North Korean Government, regarding to the crimes that its military special agents carried away ten or so or several scores of Japanese persons in the past.

 

The Japanese disregard that North Korea is not a democratic country.

If Japan sanctions North Korea, the people, many of whom are poor, may become poorer.

In addition, even the Japanese become inconvenient because of the restrictions of free economic activities such as trade.

 

Responsible is not the North Korean but the North Korean Government.

The idea to torment the North Korean Government by tormenting the North Korean is the same as the one of the North Korean   military special agents.

 

I think that the Japanese may be called highly cultured persons just when the Japanese can think that the Japanese are the same persons as the North Korean are. 2004.12.17

 

15.  考えて行なう習慣

A habit to think and do

 

複雑な現実の中で人が生き生きと生きるためには自分がよく考えなければならない。

したがって親か誰かが養育してくれる間に考えて行なうことを学ばなければならない。

つまり養育者は子供に考えて行なうことを教えなければならない。

 

自分が考え行なうことを習慣にしないと、養育者がいなくなった後、自分で現実との調和をとることがむずかしい。

その結果苦悩する。

人の意見に左右されて自信を持てない。

養育者の保護下わがままに育った人も苦悩する。

 

人は誰でも養育者から独立するときは大なり小なり苦悩する。

現実のすべてを教えることができる養育者はいない。

しかし自分が考え行なうことが習慣になっていれば苦悩しながら自分がやるべきことを考えることができる。

 

One has to think well in order to be full of life in the actual hard situation.

Therefore even a child has to learn to think and do while the parent(s) or someone brings up the child.

That is to say, the person who brings up a child has to teach the child to think and do.

 

If one cannot make it a habit to think and do for oneself, it may be difficult for one to harmonize with the actual situation after one left the person who brought up. 

One may result in living a life of agony.

One may not be able to live confidently, easily influenced by the opinions of other persons.

One who was brought up and spoiled under the protection of one's parent(s) or so may suffer from disharmony with realities.

 

Everyone suffers more or less when it becomes independent from the one who brought up.

There is no person who can teach everything about realities to one whom the person brings up.

But making a habit to think and do for oneself, one can think what one should do even in suffering.

2005.2.20

 

16. 他人ことはさておき、自分が善人になった方がいい

It is better for one's happiness to make oneself right than to make others right.

 

他人の善悪より自分の善悪の方がはるかに自分の幸上幸に影響を与える。

他人を善人にすることは非常にむずかしい。

自分を善人にする方が可能性が大きい。

したがって他人を善人にする努力より、自分を善人にする努力の方がはるかに幸福になるにはいい。

 

One's own right or wrong influences one's happiness or unhappiness more than others' right or wrong.

It is very difficult to make others right.

It is possible for one to make oneself right.

Therefore it is much more effective for one's happiness to try to make oneself right than to try to make others right.

2005.4.27

 

17. 悪習を捨てるには

 

短時間の間に人が変わったように人格が変わる人がいます。

中でもすぐののしるとか、すぐ暴力をふるう人は、まず普通の人間関係をつくることができません。

 

原因として神経系に障害がある人もいると思いますが、幼児のときに親からよくののしられたり、よく暴力をふるわれた人が多いのではないでしょうか。

幼児のときでなくても、非常にひどい目にあって怒り心頭に達し、憎しみを持ち続けた場合も自分の心を制御できなく恐れがあります。

本人がそうなりたいと思ったのではなく、気付かない間に、すぐののしるとか、すぐ暴力をふるう習慣を身につけてしまったのでしょう。

 

このような悪習はちょっとした努力では捨てることができません。

自我が崩れるような大きな心の変化を経験しないと捨てることができません。

自我が崩れるには、自分は馬鹿だったと思い知らされる経験が必要です。

自分の人格以上のものに対する信仰とか尊敬とか、自分の悪習が原因で最愛のものを失うとか、自分の自由を失うなどの経験が必要です。

 

それでも新生できない人が多いのが現実ではないでしょうか。

2005.9.3

 

18. まず親が、一生懸命、子を育てることが大切

 

大地震で破壊することがわかっていながら建築物をつくるような会社は、人命軽視であり、社会軽視です。

将来を考えれば、信用を失うだけでなく、有罪になり、二度と建設できないことは誰にでもわかることです。

単にお金がほしかったから罪を犯したというだけではその犯罪は説明できません。

その犯罪の重さから推定すると暴力団に関係しているか、暴力団の組織の中の会社であるかもしれません。

 

ところで暴力団と言っても構成するのは個人です。

個人の心に人命軽視、社会軽視があることを感じます。

このような思いはどこからきたのでしょうか。

やはり育った環境ではないでしょうか。

自分の命が軽視されたという経験や思いが心に染み付いているのではないでしょうか。

それが他人や社会に対する恨みになっていないでしょうか。

 

社会の基本は、まず親が、一生懸命、子を育てることにあります。

子を一生懸命育てるには、親が人命を重視し、社会を重視することが必要です。

すると子は人命重視、社会重視を知らない間に学びます。

 

単純なことですが、まず人命を重視することが、個人の幸福にもなるし、社会をも健全にすると思います。

05.12.23

 

19. 上下意識で差別することはやめよう

 

差別する目的は、差別する側が心の平安を保ちたいからでしょう。

しかし差別した結果、差別された側から反感をくらっているようでは差別した側に平安はありません。

 

そこで差別する側は、差別される側を隔離するか、自分を分離したいと思います。

しかし現代、社会を分けるなどということはほとんど上可能です。

混合社会で差別を続けますと社会問題が発生します。

社会問題が発生すると、差別する側も被害者になります。

結局差別では平安は保てません。

 

軍事力の有無、経済力の有無、地位の高低、知識の有無、信仰の有無、いろいろな分野で差別があります。

差別は、他人との違いを認識して自分が上であると思う上下意識から生じます。

人の命というべき精神本体に比較すれば自我の違いなど大同小異です。

そう思って人の命を重視する精神を大事にするなら差別する心を小さくすることができるのではないでしょうか。

06.2.22

 

20. 人の命重視の心が乱暴な言動のブレーキ

 

人から乱暴な言動を受けることは上愉快なことです。

上愉快な思いをするより無関係でいたい、あっさりした関係でいたいという思考が強くなっていると思います。

こうして人間関係が浅くなりつつあります。

問題はやはりおおもとの乱暴な言動です。

 

このような傾向が夫婦の間でも親子の間でも生じていますから、現代は夫婦関係も親子関係も上安定です。

嫌いが怒りになり、憎しみに発展します。

希薄な人間関係は人を孤独にします。

しばしば人を攻撃的にします。

しかしそれで人々がいいと思っていないことは明白です。

 

言動には社会的許容範囲がありますが、現代は許容範囲を越えることを肯定する雰囲気があります。

戦前の道徳的抑圧的雰囲気から解放され、戦後反動的に放漫な雰囲気になったからかもしれません。

商業的な新聞雑誌テレビは無批判に放縦を記事や番組に取り入れ、人間の低劣な感性に訴えて購読者や視聴者を増やしてきたと思います。

多くの購読者、視聴者がいて儲かることは、新聞雑誌テレビの内容の価値を証明しているとの印象を与えてきました。

 

人々は気付かない間に自分中心、金銭主義になり、他人を軽視し、つまり人間関係を軽視し、ついには人間関係に自信を失ってきました。

 

このような問題を少しでも減らすためには、社会の雰囲気を変える必要があります。

 

商業的な新聞雑誌テレビが先生では人生は危ういと思います。

学校を出てからも教えを請うべき先生とか先輩を持つことが重要ではないでしょうか。

 

人々は、ことわざなどの先人の知恵を見直すことが大切です。

日本のことわざだけでなく、世界のことわざも学び、自分もよく考えるならば、戦前の抑圧的雰囲気に戻ってしまうことはないでしょう。

宗教を信じるならご利益だけで満足することなく、人の道も学ぶべきです。

教育者や心理学者の方々は、学校で教えるだけでなく、社会に提言するようになるといいと思います。

 

乱暴な言動から自由になるためにはやはり人の命を重視する心が大切と思います。

06.4.11

 

21. 愛国心


教育基本法改正案の関連で愛国心という言葉が問題になっています。

 

戦前愛国心という言葉のもとに無数の人々が戦争で殺されましたので、今日においても愛国心という言葉を嫌う人が多いと思います。

 

日の丸君が代と愛国心を結びつける人がいます。

しかし、日の丸君が代に関心が薄い人が、愛国心がないと言われたら、そんなことはないと怒るでしょう。

日の丸で言いますと、政府が人々に日の丸の掲揚を強要することはやりすぎです。

国を表現する方法は日の丸だけではありません。

 

日本がもし外国を苦しめるならば外国は怒って日本を苦しめるでしょう。

アメリカのように、外国の法律が上備であること、軍事力、経済力が弱いことなどに付け入り、国内なら上法になることを外国でやったり、軍事力、経済力で外国に圧力を加えることなどがあってはならないと思います。

つまり外国に対し差別的な国家主義が愛国心でないことは明白です。

 

政府の言うことに何でも従がうことは愛国心ではないと思います。

大赤字の放漫政治を続けている大臣に愛国心があると言えるでしょうか。

破綻しつつある政府を放置している国会議員の愛国心も疑問です。

 

政府は人々のためにあります。

したがって政府は人々を愛することが必要です。

人々の愛国心だけを強調してはいけないと思います。

 

自然と文化に恵まれた日本を愛していない人はいないでしょう。

日本の環境悪化を防いできたのは、環境悪化に苦しみながら必死に環境改善運動をやってきた人々です。

日本の文化を守ってきたのも、政府に文化の保護を訴えながら文化を大切にしてきた人々です。

愛国心を叫んでいる大臣や国会議員より現場の人々の方が愛国心に富んでいると思います。

 

日本人は国防意識が乏しいと主張する人がいます。

しかし、歴史から判断するならば、話し合い下手で短気で攻撃しやすいことの方が心配です。

 

愛国心とは、人々が末長く明るく生きることができる、よりよい国にすることと考えるといいと思います。

06.4.14

 

22. 自分も他人も人

 

誰でも自分のことを考えて生きます。

考える対象として自分は一番考えやすいからです。

自分に関する情報を一番多く持っているからです。

地球の裏側に住んでいる人のことを考えるといっても何も情報がありませんから何も考えません。

その人が死んでも気付きもしません。

 

ところが自分のことを考えて生きたのに周囲との争いが多くて上幸になったという人は無数です。

自分のことを考えて生きる生き方はいい生き方でしょうか。

 

自分のことを考えて生きる生き方は大きく分けて二通りあります。

 

1. 自分も他人も人であるとの認識を持って自分のことを考える。

2. 自分も他人も人であるとの認識をせず自分のことを考える。

 

周囲と争って生きる人は2の考え方をする人に多いと思います。

文化水準は12となります。

 

自分と周囲の人を観察して人とは何か学ぶことが大切です。

自分と他人は違うという認識でとまり、人としての共通点を見い出すことに失敗すると周囲との争いが多くなります。

 

One and others are same men

 

Everyone lives, thinking about one's own.

The reason is that it is easiest for one to think about one's own as an object to think about.

It is because one has a lot of information on one's own.

One cannot think about a strange person who lives on the other side of the earth, because one has no information on the person.

Even when the person dies, one cannot become aware of it.

 

However, though having lived, thinking about ones' own, those who have become unhappy because of many disputes with persons around them are innumerable.

Is the way of life to live, thinking about one's own, good?

 

There are roughly two kinds of the ways of lives when living, thinking about ones' own.

 

1. To think about one's own with recognition that one and others are same men.

2. To think about one's own without recognition that one and others are same men.

 

Many of persons who live, disputing with others around them, are likely to think in the way 2.

The cultural level of 1 is higher than 2.

 

It is important to learn what man is, observing oneself and persons around one.

If not able to go over recognition that one is different from others, and to find out the common points as men, one may frequently dispute with others.

2012.2.11

 

23. 自殺は自分を殺す殺人であり、罪

 

非常に苦しい問題があると自殺で問題解決を図る人がいます。

そして日本では自殺に同情する傾向があります。

「死んだ方がましだ《という考えがあります。

「自分の命は自分の命である。自分で処分して何が悪い《という考えがあります。

気にくわない子や生徒・学生に「お前のようなやつは死んでしまえ《と平気で言う親や先生がいます。

他人の命であれ、自分の命であれ、命の方が自我より大切という価値観が乏しいと思います。

 

学生・生徒の自殺者が年々増え、とうとう昨年は1000人をこえたそうです。

親から独立する前の若者まで自殺したいと思い自殺する日本っていったいどういう社会でしょうか。

進学がむずかしい、就職がむずかしい、いじめが多いという理由だけでなく、人生の根幹である人の命に関する価値観が狂っていると思います。

 

親も先生も命の大切さを理解し、自殺は殺人と同じ罪と知り、子や学生・生徒にいかに苦しくても生きよと教えるべきです。

自殺を容認するような価値観を持っているようでは子や学生・生徒に自殺はいけないとはっきりと教えることができません。

命を重視することが一番大切な法であることを知るべきです。

裏返していうならば自殺してはならない、殺人を犯してはならないということになります。

法の重要性を教えない養育・教育は無価値です。

法とは人生に役立つものだからです。

 

政府も人の命を軽視しています。

国家だ、経済だ、防衛力だと虚栄を追求しています。

原発事故で広域放射能汚染が起こっても電力のためにはしょうがないで済ましています。

電力があっても人が住めない日本になったらどうするのでしょうか。

政府も価値観が狂っていると思います。

2012.3.18

 

24. 大きく成長した宗教団体と信者

 

学生など若い人は家庭や学校で育ちますから概して理想を持っています。

ところが社会と接することが多くなると理想とは大きく異なる現実を知るようになります。

現実に順応しやすい人はあまり苦悩しませんが、理想を大事する人は苦悩します。

最後は現実を変えることができない、あるいは順応できない自分の無力に苦悩します。

 

このようなとき、神は万能である、神を信じる者は何でもできると教え、実際に企画実行力がある宗教者が現れると苦悩している若い人は宗教者に救いを求めます。

まずは信ぜよと言われると信じます。

すると上思議なことに自分に力があることを感じるようになります。

苦悩が消え、自信が満ちます。

神は万能である、神を信じる者は何でもできる、自分は何でもできる、宗教者は神から遣わされた使者と信じます。

この思考は単純明解ですから一度信じると信者はまず捨てることができません。

 

救われたという思いは苦しんでいた人にとって何物にも代えがたいものです。

宗教者から全財産を献紊せよと言われても驚きません。

神と使者(宗教者)を信じていれば怖いものなしです。

 

こうして信者は働き蟻のように働き、貢ぎ、大きな宗教蟻塚ができます。

信者は働き蟻のように元気に働き一生を終えます。

これは大きく成長した宗教団体と信者の実態だと思います。

 

働き蟻だって信者が幸福と思えばいいではないかという評価もあると思いますが、宗教者が宗教とは無縁の権力者になっていたら信者は若いとき描いた理想を実現したと言えるでしょうか。

信仰によって現実に順応しただけではないでしょうか。

2012.9.8

 

25. いいことの基本は「人の命《を信じること

 

長期的に見て自分にとっていいことは他人にとってもいいことであることが多いと思います。

人々の価値観が多様化する原因は、その時、その場所で自分にとっていいことをいいことと考えるからだと思います。

したがって短期的に物事を考える傾向がある人は複雑な考えを持っていることが多いと思います。

また考えが変わりやすいと思います。

 

印象的なこと、たとえば感動を経験して、あるいは考え続けることで価値観が固定することがあります。

しかしその価値観が一生通用するとは限りません。

比較的長期的に自分にいいことと思えても一生いいということにはなりません。

他人にとってもいいことということにはなりません。

 

長い歴史をへて現代に伝わっている法の中には永遠性を持っている法があります。

現代の法律、慣習を勉強するといいことを学ぶことができると思います。

宗教も神仏が言ったという形でいいことを記録しています。

信仰に入ってしまうと悪いことまでいいことと思い込んでしまう恐れがありますが、世界三大宗教などを比較研究するような勉強をすると概していいことを抽出しやすいと思います。

 

いいことを考えるには、未来に通用するか、世界に通用するかと考えるといいと思います。

その時、その場所で自分にとっていいことを考えていると、臨機応変でいいと思えても、うそをついているとか、価値観をころころ変えているとか、実は悪いことをしているかもしれません。

自信や信用を失い、人間関係悪化の原因になるかもしれません。

 

人生にとっていいことは何と言っても生きることです。

今自分が生きているのは自分を生かす力が自分に作動しているからです。

この自分を生かしている力を「人の命《として信じることは生きるのに有効です。

「人の命《を信じると生き生きと生きることができます。

「人の命《を信じることは、いいことの基本だと思います。

この基本は、いいこととして、未来にも世界にも通用すると思います。

法の中の法、永遠の法と思います。

2013.4.21 

 

26. 生き生きと生きるには信仰が必要

神道の神社は信仰の対象がいろいろで複雑です。

いろいろな現象に神性を感じるとその現象を神として神社に祭り崇めています。

偉人や祖先を崇めるのはその霊魂の存在と力を信じるからでしょう。

神道は教えが未発達と言われています。

しかし祈りの対象として多くの日本人が受け入れています。

 

寺院はほとんどが仏像を祭壇に置いています。

日本の仏教は原始仏教ではありませんので教祖の像ではなく、経典に登場する、人の感性知性を具象化した想像上の仏の像がほとんどです。

歴史上の仏の像や、題目を祭っている寺院もあります。

仏は人間的であり、神道より信仰の対象は絞られています。

キリスト教と遜色がない教えが発達しており、日本人の心に生きていると思います。

 

見えるものは神ではない、神は唯一絶対とする既存の一神教は、神道や仏教よりすぐれた宗教と思われがちですが、こと既存の一神教については信者はただ神を信じるだけで、神を説明できる人は一人もいません。

絶対と言うので自然の法則のような冷徹な神かと思うと、人格を持っていると言いますから矛盾しています。

自然の法則と人間性をミックスした観念的神を神としていると思います。

人間性を持っていますから教えはかなり発達しています。

日本では信者は少ないと思います。

 

キリスト教は一神教に多神教の要素が加味されており、神のほかにイエス・キリストと聖霊が信仰の対象となっており、三位一体であるとの上可解な説明がなされています。

イエスの生き方、イエスの教えに共感する日本人は多いと思います。

聖霊に共感する日本人も多いと思います。

しかし、キリスト教会の活動は活発ですが、日本では信者は多くありません。

上可解な物語や教義が多いからでしょう。

すでに書いたように教えは発達しています。

 

既存宗教は非常に複雑で何が真実か抽出することがむずかしいのですが、信仰の力と教えは共通項ではないでしょうか。

特に信仰の力は真実と思います。

何を信じても信じた人は力を感じます。

人間が考える神に力があるのではなく、信仰に効果があるように思えます。

あるいは人知をこえる神が存在していてその神が信仰に反応しているように思えます。

いずれにしても信仰とは自我が自我をこえる大きな力を信じることだと思います。

そこに信仰の効果があらわれる秘密があると思います。

 

いかに科学が進歩しても科学的知識は人が生き生きと生きる力になっていません。

信仰が力になっています。

気が遠くなるような人類の歴史において人は信仰に力をえて生きる仕組みになっていると思います。

 

既存宗教を否定し、自分は無神論者と言ってもいいと思いますが、信仰まで否定すると上信の人生、自信のない人生を送ることになると思います。

多くの情報知識を学んでも信仰なき人生は迷いの人生になると思います。

無神論者は自我を信じようとしますが、自我は臨機応変を特徴としており、外からの情報で動きやすいからではないでしょうか。

自我が安定するためには内なる上動に立脚することが必要です。

 

ところで私は生きている人に作動する精神に神秘を感じています。

精神の中で誰でも認識するのが自我です。

自我が人生に非常に大きな影響力を持っていることは誰も否定しないでしょう。

自我は思考と行動の主体です。

 

しかし、人が生きている状態をよく観察すると自我だけではなく、別の本能的力が作動していることは明白です。

体の機能としては生理学的本能ですが、精神活動においては精神的本能です。

この精神的本能は、人類がウイルスのような状態から数千万年、数億年、あるいは数十億年かけて現代まで発達してきたと思います。

つまり精神には自我のほかに精神本体と呼ぶべき人を生かす力が作動していると思います。

自我が認識する、しないにかかわらず、すべての人に作動して人を生かしていると思います。

この精神本体は自我と共働しており、自我をも助けていると思います。

精神本体を親とすれば自我は子のようなものだと思います。

 

注目すべきことは、親が子を盲目的に愛するように精神本体は自我を盲目的に助ける特徴があることです。

悪い例で説明しますと、自殺は普通なら到底できることではありません。

精神本体は本来人を生かすために作動しています。

ところが自我が自殺すると決めると精神本体は自我が自殺を実行することを助けてしまいます。

つまり精神本体は自我の思考・実行の力になっています。

 

このことからわかることは、自我が作動しない状態なら精神本体は単純に人を生かす力として作動する、自我が作動する状態なら自我の思考・実行を助ける方向に作動し、思考が悪ければその人を殺す力になってしまうこともあるということです。

教えのある宗教が重視される理由は、自我の思考を健全にするためと思います。

 

私は精神本体を神として信じ、「人の命《と呼んでいます。

こう呼ぶことで、生きること、人を生かすことを重視し、自我の健全性を保ちたいと思っています。

人の命は法の基本、知恵、教えの基本と思います。

2013.9.1

 

27. 宗教的慣習

 

慣習にはいろいろなものがありますが、日本では神道と仏教の歴史が長かったので神道的慣習や仏教的慣習が多く残っています。

神道や仏教の信者でなくても宗教的慣習を守っている人は多いと思います。

しかし信教の自由が認められているので、たとえばキリスト教を信じた人は神道や仏教の慣習を捨て、キリスト教的慣習に従います。

したがって宗教的慣習は絶対とは思われなくなり、自分は宗教的慣習に従っていても他人の宗教的慣習には無関心という人がほとんどです。

ということは宗教的慣習をすべて捨てても他人からとやかく言われることはないということです。

 

夏の宗教的慣習の最大のものは仏教のお盆です。

お盆とは盂蘭盆会(うらぼんえ)の略です。

陰暦715日に死者の霊をまつります。

今でもお盆の頃には家族が集まって盆供養を行う人が多いと思います。

 

しかし家族が集まるという慣習だけが残り、別に盆供養は行なわない人が増えています。

この場合は宗教的慣習というより、人間的慣習として家族が集まると言っていいと思います。

 

宗教的慣習が絶対ではないとなると宗教の絶対性も疑問です。

世界に三大宗教があることとか、信者の少ない宗教も数えれば宗教は無数であることを考えると少なくとも既存宗教には絶対的なものはないと言い切っていいと思います。

 

それでは宗教は空しいかというとそんなことはないと思います。

すべての宗教に共通することはすべての信者が神仏を信じる効果を実感していることです。

何を神仏にしたかに関係なく信じることに効果があるということは、何かを信じる、つまりその何かに自分が従順になり、その何かと自分が協力することになるので大きな力が発現すると考えていいと思います。

その何かは、自我ではない精神、間違いなく精神本体、原始的精神、原精神と呼んでいい、気が遠くなるほどの時間をかけて発達してきた精神と思います。

この精神なくして、自我未発達の大昔、動物状態の人が生き残ることはできなかったと思います。

精神本体は私達が想像することができない大きな力を持っていると思います。

 

私は精神本体を人の命と呼んで信じています。

人の命を信じるには、全然特別な慣習の必要性はありません。

必要なことは人の命を信じている心の状態だけです。

2014.7.5

 

28. 一神教を消そうとしても消えない

 

テロリストに襲撃されたパリの出版社の経営者は自分の経営方針を正しいとしてイスラム教教祖ムハンマドの揶揄を続けています。

テロは罪ですが、ムハンマド揶揄も罪だと思います。

 

罪と罰は成文法の世界だけのことではありません。

上文法の世界のことでもあります。

世界交流時代です。

フランスの中であってもフランス法下で正しければよいとする態度は誤りです。

 

出版社が計画的に襲撃されたことは、ムハンマド揶揄の罪に対し罰を下した人がいたことを意味します。

このような人は一人や二人ではありません。

 

世界交流時代では人の価値観は千差万別ということを知らないと無事生きることはできないと思います。

自分が正しい、相手が悪いと言っているだけでは駄目だと思います。

自分中心では社会を明るくすることはできないと思います。

 

問題のパリの出版社の経営者は、学問的に宗教を研究し、問題点を指摘しているのではなく、自分は正しいと思い上がってイスラム教信者を見下しているような感じがします。

一神教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)の神は虚構と考え、その知識を誇っていますが、健全な新しい生き方を考えていません。

 

既存の一神教を消そうとしても消えないと思います。

新しい生き方を提案し、実践し、広めた方が賢明です。

2015.1.14

 

29. 宗教の本質

 

宗教信者に団体所属を重視する人が多いのですが、団体については注意すべきことが多いと思います。

 

宗教では真実を問題にする人が多いと思いますが、宗教団体に属して真実を追求することはむずかしいと思います。

 団体は団体を運営するという現実的問題があります。

また団体が長く続くと、伝統あるいは慣習が生じ、それを変えることができなくなります。

 教祖の教えと矛盾するような伝統あるいは慣習も増えます。

 

団体には自由がありません。

 団体に所属すると、伝統あるいは慣習に慣れてしまい、型にはまります。

 真実追求とは無縁の型にはまった人生になります。

 団体が「この政党を支持する《と言えば、その政党に投票するような信者になります。

 

団体の利点は、団体があがめている教祖の教えを学ぶことができることですが、いつまでも団体で学び続けると、変な伝統あるいは慣習まで身についてしまいます。

 

また、団体は社交場として有効であり、考えが近似していますから、気が楽という利点がありますが、人の考えは千差万別という現実を否定し、団体に所属しない人を差別し、非現実の狭い社会に生きる恐れがあります。

 

真実に生きるには、宗教団体を絶対と思わず、最終的には宗教は団体宗教ではなく、個人宗教であると知るべきと思います。

 

なお、教祖の教えですら、時代の影響を受けていることが多いので、現代に通用しないことがあると知るべきと思います。

 

一人一信仰というのが真実ではないでしょうか。

 宗教で世界を統一するということはありえません。

 宗教の数は無数という現実が宗教とは何かをよく示していると思います。

 

ほかの宗教団体を否定し、宗教争いをやることは、宗教の本質を知らないことに起因します。

2015.10.25